|プライベートツアー  お茶と生活 - 大稻程エリア|

ここ数年、大稻埕では政府の街の保存計画により、古い家屋が徐々に修復されてきました。

 

そこにハンドメイドのアートショップやアトリエ、カフェ、雑貨店などの進出により、新旧形態の店が共存するという新たなまちの顔が生まれ、現在は歴史‧文化の町として知られています。

 

さらに、女性の恋愛パワースポットとして大変人気のある台北霞海城隍廟、100軒以上の伝統的な閩南(ミンナン)式街並みを随所で見ることができ、それらは今でも街の繁栄を見守っています。

 

1851年、最初に大稻埕にやってきた林藍田氏は三軒の閩南式町屋を建て後の1859年、台北霞海城隍廟が建てられ街の地域信仰の中心となりました。さらに1869年、イギリス人商人のドット氏が大稻埕に製茶工場を構え、ここから台湾茶(Formosa Tea)を海外に輸出したため、外国人商人が相次いで大稻埕埠頭近辺に領事館を置いたことから、次第に商業の中心地となっていきました。

 

1895年以降、日本統治時代における都市計画により、欧風建築スタイルを取り入れようとしたため、大稻埕の家屋が華やかな顔を持つようになりました。また、新設した「永楽町市場」が台北で重要な生地の問屋街となったことを受け他の産業も次々と発展していきました。

 

今でも茶葉、漢方薬、生地や布、洋裁用品などのお店が軒を連ね台湾人の生活に欠かせない重要な街となっています。

所要時間 約 2時間

コース|

MRT大橋頭駅(出発)->仁安医院->慈聖宮->大稲埕教会->大稲埕公園->迪化街->林五湖旧宅->台北霞海城隍廟(解散)

(当コースの内容は、実際の様子により、変更となる可能性がございます。あらかじめご了承ください。)

内容|

1. ガイド機器とイヤホンをお貸しします

2. ドライフルーツを試食体験

3. 台湾お茶試飲み

4. 霞海城隍廟を参拝

5. 迪化街古い街並みを散策

*料金は、個別にお見積もりさせていただきます。

 

​台北城市散步(拾樂文化股份有限公司)

02 2556 9021 / service@taipei-walkingtour.tw

103 台北市大同區南京西路239巷27號

No.27, Ln. 239, Nanjing W. Rd., Taipei City 103, Taiwan

  • Facebook - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle
  • YouTube
line.png